がーんT_T

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

忍法旅日記⑪

五月晴れの空の下、爽やかな風を受け緑の新芽がさわさわと揺れている。
広大な茶畑の真ん中で、私はそれを愛情こめて丁寧に摘んでいき、籠いっぱいの茶の葉を見てふと思う。

私って…くのいちだよね…( ̄□ ̄;)

「あー!疲れたよおおお!腰が痛いよおおお!(>_<)」

もう何時間こうしているのだろう、早朝から一人黙々と作業をしていたら、いつの間にか陽は真上に昇っていた。
ここ数日ずっとこの繰り返し。と、いうより修行の旅から戻って、ずっと畑仕事に柴刈りに川に洗濯に…

「って、私は昔話の婆さんかーい!!」
「何言ってんの…」
「うわああああ!∑(゚Д゚)」

いつの間に現れたのか、空を仰ぎ雄たけびをあげる私のすぐ側で、姉は心底呆れた顔を向ける。

「あーびっくりした、姉さま気配消すのやめて下さいよ(>_<)」
「さやが鈍感なだけでしょ、それでも忍び?」
「う…」

はい…まさにその通りです。
毎度の事ながら、一枚も二枚も上をいく姉には返す言葉もない。
また一から修行をやり直すつもりで伊賀に戻ったはいいが、稽古をつけてもらおうと頼りにしていた姉は、私と違い優秀で信頼もあるため依頼が後を絶たない。故に、五分の一人前の私にかまっている暇などないのだ。
私にできることといえば、こうして野良仕事に勤しむことくらいである。
分かっていたとはいえ、改めて姉との格の違いを思い知らされて、自己嫌悪のため息が漏れた。

「しょげてる場合じゃないよ、仕事の依頼があるんだけど」
「え!私に!?」

思いがけない嬉しい報せに、沈んでいた気持ちが一気に舞い上がる。
やったー!
仕事の依頼なんていつぶりだろう?前回は確か村長さんとこの納屋が雨漏りしてたのを直しに行ったんだっけ。
もっと忍者っぽい依頼がいいなぁ。あーでも野良仕事しかしてないのに大丈夫かなぁ。いやいや、私だって立派な(?)くノ一なんだし!
久しぶりの依頼に期待と不安で一人百面相をしていると、姉は私の両肩にそっと手をかけ神妙な面持ちで口を開いた。

「さや…この依頼、心してかかったほうがいいわ」
「え…何かあるんですか?(・_・;」

私がそう問うと、姉は目を伏せゆっくりと依頼内容を話し始めた。

「実は、村長さんの蔵に凶暴な獣が住み着いたらしくて…」
「けもの…」
「その獣は鋭い爪と牙を持ち、夜な夜なバリバリと…」

うつむき自分の体を抱きしめるようにして小さく震える姉の様子に、そんなに危険な依頼なのかと息をのんだ。

「しかも厄介なことにその獣…魅了の術を使うのよ」
「えぇ!?術まで使うんですか」

術を使う獣なんて…もはや物の怪じゃん!
越中での狸との一戦を思い出し、どっと不安が押し寄せてきた。手の平にじんわりと汗がにじむ。
ど、ど、どうしよう…

「あ、あの…姉さま一緒に…」
「油断しちゃだめよ!大丈夫、さやならできるって信じてるから!だって私の妹だもの」

言いかけた私の言葉を遮り、姉はまっすぐ私を見つめてボリュームを上げた声で言い放つと、にっこりと微笑んだ。
単純なことに、それだけで心の奥底からみるみるうちにやる気が湧いてくる。
私は、期待されている!!(*'▽')

「まかせて姉さま!どんなに狂暴な相手だろうと、忍びとして任務を遂行してまいります!」





ギイーと不気味に音をたてながら、蔵の重たい扉を慎重に開け中の様子を伺う。
奥のほうは真っ暗でよく見えないが、隅の方で何か影のようなものが動いた。
いる、確実に奴はいる。
間合いを図りながら少しずつ近づいていくと、奴が警戒している空気を感じた。
おそらくこれ以上行くと、ただでは済まないだろう。
だが私には秘策がある!
一定の距離を保ったまま、私は持ってきた巾着袋の中からおもむろに煮干しを取り出した。

「はーい、猫ちゃん煮干しだよー。おいしいよ〜にゃーにゃー^o^」




「いやぁ、さやちゃん助かったよ。この前蔵の整理をしてる時に入りこんじゃってねえ。儂は猫アレルギーでな、夜中に大事な書物でバリバリ爪をとぐので困ってたんだよ。るーあんさんに相談したら、ちょうど猫好きな暇人がいるから任せてと言ってくれたんだが…さやちゃんだったんだねえ。本当にありがとう」
「いいえぇ……あは…は…」

はあぁ…。
村長の依頼、つまりは猫の保護を終えた帰り、夕暮れの畦道をとぼとぼと歩きながら私は盛大にため息をついた。
まぁ確かに鋭い爪も牙もあるし、かわいいニャンコには魅了もされちゃうさ。
でもこれって忍者じゃなくていいじゃん、むしろ猫アレルギーじゃなければ誰でもいいじゃん…
てか依頼主が村長さんの時点で嫌な予感はしたんだよね。
くうぅ…私にはまだまだこの程度の依頼しか来ないのかぁ(>_<)
自分の不甲斐なさにがっくりと肩を落としていると、ふと後ろから気配を感じて振り返る。見ると、先ほどの猫が後をついてきていた。
成猫なので子猫のような愛らしさはないが、長い尻尾とキジトラ模様の足先だけが白く特徴的な器量よしだ。

「おやぁ?どしたの?」

しゃがみ込んで話しかけてみるが、当たり前ながら猫はただじっと見返してくるだけ。

「煮干し、もうないんだ。ごめんねぇ」

そう言って艶やかな背を撫で、小さくバイバイと手を振って歩き出すと、猫もまたそれに続く。
うーん…懐かれちゃったかな?どうしよう。
連れて帰ったら姉さまに怒られちゃうだろうし…仕方ない、ここは走って巻くしかないな。
そう決心してチラッと振り向くと、猫は小首を傾げちょこんと座り、「にゃお」とかわいらしい声で鳴いた。




「ただいまあ!」
「おかえりい」

家に戻ると姉は夕飯の支度をしており、焼き魚のいい匂いがする。
それに反応してお腹の虫も元気に騒ぎ出した。

「姉さま、何か手伝います!」
「もうできるからいいわ、それより依頼はどうだったの?」
「はい!もうバッチリこなしました!」
「そう、それは良かった。…ところで、その頭の上の猫は何?」

瞬間、水を打ったような静けさが辺りを包んだ。
私はそぉっと目をそらす。
しかしそれが許される訳もなく、ガッと音がしそうな勢いで顔を挟まれ姉の両手で固定された。

「ひたたたた!姉さまつよいつよい💦」
「頭に猫のせといて何ナチュラルに帰ってきてんのよ。どうしたのか聞いてんの」

解放された頬をさすりながら「えーと…」と口ごもる。
そう、後を追ってくる猫を振り切るつもりが、あまりの可愛さに私はついつい連れ帰ってしまっていた。
ない頭を絞って出てきた『頭に乗せたら帽子と勘違いしてくれないかな作戦』は、当然のごとく通るはずもない。

「…み、魅了されちゃいました」

再び顔を背けながらおそるおそる言ってみるが、姉からの冷ややかな視線を全身に受け、私は動くこともできずただ立ち尽くしていた。
そんな姿に呆れたのか諦めたのか、姉はふうと息を吐くと、私の頭に被さる猫をふわりと撫でた。

「まぁいいわ、とりあえず夕飯にしよ」

姉の優しい声色を聞いて、ようやく緊張から解き放たれた。
すると、やってくるのはあの虫だ。待ってましたと言わんばかりにお腹の中からぐううう~と盛大に声をあげた。
あまりに大きなその音に、さすがの姉もプッと吹き出す。

「もう、あんたって子はしょうがないな」
「だって、あんまりいい匂いがするから」
「それにしても…この猫ずっとおとなしく乗っかってるなぁ、よく落ちないわね」
「でしょう!?きっとすごい忍猫になりますよ!名前決めましょう!」
「調子のるんじゃないの、夕飯食べたら詳しく聞かせてもらうからね」
「…はぁい」

きっとこの後、長いお説教が待っているんだろう。
でも今はお腹も空いたし、姉さまの料理はいつもすごくおいしいし、猫はかわいいし、まぁ後の事は考えないでいいか。

そんな姉妹の事情を知ってか知らずか、まさに高みの見物をしていた猫は「にゃあ」と猫なで声で鳴いたのだった。














※第二部始動…かもしれない。。。(書かないかもしれない)

またまただいぶ経ちまして、約2か月ぶりの旅日記です♪( ´▽`)
いや、法が活動してないのに見切り発車もいいとこで、もはや旅日記ですらない雑記だな( ;´Д`)
というか最近インすらまともにできてない💦
なんか、たま~に書きたくなるんだよね…

前回いなりんさんに、次は忍犬出してねと言われ、そこからヒントをもらって忍猫(?)出しちゃいました^o^
書き始めちゃったから、法でどんどん活動しなきゃ。
とりあえず誰かどこかに行きませんか?(笑)

第一部と決定的に違うところは、名前がイニシャルじゃなくなってるってところです。
もう画像載せちゃったし、まぁいいかなって(*'▽')
名前そのまま出してもいいよって方歓迎します(≧▽≦)

猫パンチ




必殺ネコパーンチ!!

この必殺技を受けると幸福感と共に生傷もふえるので注意してください(笑)

足利市

さぁ、やる気があるうちにブログをまとめて更新しようの日です(*'▽')

と、いうわけで(?)三回目の更新です(笑)

昨日は右京で足利市が開催されていたので行ってまいりました♪

装備から勾玉や付与石など、みなさまお安く売られています(^◇^)

私も僧の特殊装備を買ったのですが、なんと売っていた方が半額にしてくださいました!

ありがとうございますありがとうございます!貧乏人の私は感謝感激でございます(≧▽≦)

売り子さんを見てまわっていると、ひときわ異彩を放つお方を発見。

なんと、巷で噂の人形売りさんですΣ(゚Д゚)

どうやらこの人形、魔除け厄除けになるらしい!

これは買わねば!

さっそく購入です♪( ´▽`)





うん!厄をよけそう!!(*'▽')


実はいつもお世話になってるkjさんが、明日から出張で海外に行ってしまうのです(>_<)

うぅ…さみしい…(T_T)

この人形はkjさんが仕事を早く終わらせて無事に帰ってきてくれるようにプレゼントしよう。




kjさん気をつけていってきてね!

帰ってきたらまたみんなで遊ぼうねー!(≧▽≦)




~余談~

kjさん「納屋がいっぱいで人形入らないんだが…」

私 「えっ!?∑(゚Д゚)」

今日のテンマル



天気いいからテンマルもずっと寝てます♪( ´▽`)

暑くないのかなぁ(笑)

決戦!厳島

新攻城戦の厳島がついに実装されましたね!!(遅い)





流行の波に乗り遅れてはいけないと、私も先日行ってまいりました(^◇^)

メンバーは鉄壁のHさんの鉄砲、kjさんの暗殺、Tの武士、iりんさんの医術と武芸、あと板から募集で来てくれた鎧鍛冶さんと、私の隠居していた雅楽です(*'▽')




厳島はほぼ初めての面子だったので、どきどきわくわくで挑みました!


が!!


1と2はクリアできたのですが…



はい、このお方。

長宗我部元親さんでございます。

青▽の術と呪いが激しすぎて…

いや、もう、ほんとものすごい呪われる…

ずんずんずんずん生命が減っていきます…

そして合掌できる人もいない💦

敵の僧が使う魅了も不変貫通らしく嫌な感じです><;

その日は時間的に1戦しかできずそのまま敗退してしまいました。

しかし私たちは諦めなかった!!

次の日(昨日)にいざ!リベンジ!!

メンバーはkjさんの暗殺、Mりあさんの武士、iりんさんの医術、Mゆきさんの陰陽道、Pんきーさんの刀鍛冶、Аm-ばさんの僧兵、私の雅楽です(*'▽')
※もはやイニシャルの意味がないような気がするようなしないような。

敵さんもテンション高く術をバンバン使ってきます!




いつも穏やかな瀬戸内海も荒れまくっております!!

呪いもバンバンバンバン!

だがしかし!今日は僧さまがいらっしゃるのだ!!

ふははは!呪うがいい!すぐに合掌してくれるわああああ!!(Аm-ばさんが)←他力本願

一回目は旗ばれしちゃって(?)折れてしまいましたが、2回目で無事クリアすることができました(≧▽≦)

リベンジ達成です!

帯も天之帯三徳を手に入れることができました(*^-^*)

新しい場所はいつも緊張して手足が冷たくなったり、WCが近くなったり、がくがく震えたり、コントローラーの充電がなくなったり(えw)するんですが、やっぱり楽しいですね(^^♪

みんなありがとう(≧▽≦)





『今日の一枚』 

 kjさん上!上!!



続きを読む

もののふ修行録&私信

昨日は久しぶりにインしてみましたー♪( ´▽`)

まずやったのは売り子の設定!今更ですが!(笑)

メンテ明けてからインしてなかったから急いで設定しました^o^

その後はkjさん、姉さま、iりんさんと一緒に金色堂に行ってきました♪

もののふ修行録ってやつを達成したら何かもらえるみたいですね!

私は全くやってなかったので、これから少しずつやってみようかなと思います^o^

でも今日はいつもよりちょっと早起きしないといけなかったので、私は天狗いくまえに落ちちゃいました💦

あまりできなくて申し訳ないです(>_<)

1時間くらいだったけど、久しぶりにみんなと遊べて楽しかった!(≧∇≦)




そして私信↓

kjさん、姉さま、iりんさん続きやろうって話してたのに、今日はインできそうにない(>_<)ごめんね💦

明日インできて、みんなが暇だったらまた遊んでね(o^^o)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

5月で27度なら夏はどうなるの!?

5月でこんなに気温が高いなんて、おそろしいですね〜( ;´Д`)

夏が来るのがこわいです…>_<…

みなさまGWはどうでしたか?

私はお仕事だったので信にも全くインできておりません💦

とっくに課金が切れています💦

まぁ明日も仕事なんですが、火曜日あたりからお休みの予定なのでしっかりがんばります!

暇になったらインして遊ぶぞー^o^

真田イベントの猛者(今更)




キャー幸村さまあああ(≧▽≦)ノ☆


と、いう感じ(?)の真田イベントもとっくに終わってしまいましたね~(*'▽')

いやー気づいたら長いことブログ更新していませんでした><;

今更な話題で申し訳ないんですが、真田イベントどうでしたか?

私はあんまりインできずやってないのでポイントもそんな貯まらずでした💦

兵が真田装備箱・幸を2つだけ取れたので交換したら、一個から真田幸村の装備がもらえました(^O^)

知人にその事を話すと、なんか2分の1で装備が出るのはかなり運が良かったようで驚かれました(笑)

ほかのキャラは箱自体もらってないのですけどね(・.・;)

真田イベントの間、一緒に戦ってくれた武将たちはかなり良かったですね!

幸村がきてくれれば雑魚が1ターンで終わるし♪

だけど私はあえてこの方の勇姿をみなさまにお伝えしたいのです!

それはこの方です!!






ご存じ、筧十蔵様です。

彼は毎回、この鉄砲をカショカショして発動することなく戦闘が終わってしまうという呪いをかけられていました。

おかわいそうです…(/△\)

そんな彼に伝えたい言葉がある…

筧さま…


丼米!!!(どんまい)



プロフィール

tennekomaru

Author:tennekomaru
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる